スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び春の雪。 

原作読みました。がつがつと。
「時間あれば」読もうと思ってたのですが、
自分が「時間を作ってでも」読んでしまう人だったことを忘れてたようです。

そして、感想。

・・・映画全然ちゃうやんけ。

まぁ、あの複雑な世界をたかだか3時間の映像に収めきれるとは思いませんけど・・・。
伏線が幾重にも張り巡らされてる感じでした。

とりあえず映画との違和感を感じた点を列挙してみます。
・清様の外見がしつこいほどに美しい美しいと書かれている。
・清様付きの書生、飯沼の存在。
・シャムの王子の恋人が亡くなる。
・清様の母も聡子の大阪行きについて行くため、列車を見送るシーンも映画ほど激しくないと言うか叫ばない。
・清様の母が八の字眉。
・清様の祖母の外見がいかつい。
・本多が聡子に惚れたと言う記述は無い。
・本多は映画では武の人だったが、むしろ文の人だった。
・綾倉伯爵と蓼科の関係がそんなに濃くない。
・東京へ帰る列車は寝台車で、清様が死ぬのは東京に着いてからだった。

まだまだいろいろあるんですけど・・・うーん。

なんか小説から受ける清様のイメージが映画の妻夫木くんとは結構ずれてるんですよねー。
妻夫木くんからは「かえって果敢ない感じのする美貌」と言う感じは受けないと思うんです。
(別に彼がかっこよくないとかそう言う意味ではないですけど)
それに未成年と言うのもちょっと無理があるんじゃなかろうかと・・・
誰だったらいいんだろうなぁ。
美貌、美貌、日本人離れしすぎてない美貌・・・うー。

聡子については、映画のイメージが先にたっちゃったのもあって、清様ほどの違和感は感じませんでした。
と言うか清様ほど詳しく書かれてないんですよ。
美しいって言う記述はやっぱり出てきますけど、どっちかと言うとやっぱり清様の方がそう言う記述が多いんです。

清様の心情についてはやっぱり原作の方がよくわかりました。
映画だとただワガママなだけに見えちゃってたのでね・・・。

でもやっぱり三島由紀夫はすごいと思いました。
よく天才と評されていますけど、まず頭がいいんですね。
そしてボキャブラリーの豊富さとその使い方に才能があふれていると思います。
文章が綺麗。えろシーンでも綺麗(笑
小説家の何がすごいって、いろんな分野の知識と想像に長けてなけりゃいけないことだと思うんですが、それに加えて文章がここまで綺麗な作家さんって最近あまり見ないような気がします。
読みやすい小説は増えてますけど、そこに美しさがあるかと言うとどうにも微妙な・・・。

その文章も映画にしてしまうと美しさが分からないのはどうしようもないことなんですけどね。
映画を見て、清様の心情の理解に苦しんだ人は、原作を読んでみるといいかもしれませんよ。
ただ、小説の方が第2部~第4部につながる伏線はかなり多いので、本が好きな人は続きが読みたくなってしまうことは覚悟の上で(笑


しかし三島由紀夫ってうちのばぁちゃんより年下やったんやなぁ・・・
改めて考えるとちょっと感慨深いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katopon.blog12.fc2.com/tb.php/52-8e0412f6

妻夫木聡は1人3役できる~「春の雪」

三島由紀夫「豊饒の海」第一巻を原作とする映画「春の雪」は、様々な原作との齟齬はあるものの、大きな収穫を得たと思う。清顕役を演じた妻夫木聡だ。彼なら、今後期待される第二巻「奔馬」や第四巻「天人五衰」の映画化でも転生の主人公の役割を演じられる予感がするからだ
  • [2005/11/12 08:53]
  • URL |
  • 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン |
  • TOP ▲

邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演

 以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。) ひとりは、
  • [2005/12/12 09:19]
  • URL |
  • 白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary |
  • TOP ▲

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 濃縮還元かとぽん100% all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。